現サイトへ引越し作業中のため旧コンテンツへいらしたみなさんにはご迷惑をおかけしております

魚介盛り合わせ@モンスーン

夕涼みの人で夕暮れ時から賑わい始めるザンジバルの海浜公園。ココナッツやスパイスが特徴とされるスワヒリ料理を出すレストラン&バーのモンスーンでは特にそのテラス席に座ると公園と人々の賑わいを感じながら食事ができます。

好ましく思ったのは昼夜いつでも注文できる3コースのセットメニュー。内容によって20ドルと40ドルの2タイプが用意されていて、今回は視察も兼ねて高いほうのシーフードプラッターを選んでみました。ちなみにアルコールを出してくれるのもポイント高かったです。

事前にウェイトレスには食べきれない不安を伝えていたのですが、前菜であるエビフライが4尾も並んでいるのを見てすぐに覚悟を決めました。メインの大皿には立派なロブスターの半身、新鮮でジューシーだったマグロかカツオの串焼きが二本、ブラックタイガー並みの大きさのエビの焼き物が二尾、プリプリしたイカ炒めが乗せられて出てきました。最後は脂汗をかきつつイカ以外は完食。次回は20ドルのコースにしようと思いました。

デザートはメニューにある一覧から選べるようになっているのでお得感があります。一番軽いものをウェイトレスに聞くとカットフルーツだと言うのですが果物が嫌いな私はココナッツアイスを注文。こちらも程よい甘みで美味。良い締めくくりになりました。街灯は少ないけどケニアと違って安全な街路を、満腹をさすりながらダウパレスホテルまで歩いて帰りました。